読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪魔の囁き

「お前みたいな何も喋れない、喋ろうともしないやつがどうして飲み会なんて行くんだよ」 この声が聞こえてくると、僕は「またか」と思う。「うるせえな。喋れないから行くんだろうが」「周りはお前のこと面倒なやつだと思ってるぞ」僕は何も言い返すことがで…

ある中学生の信仰

僕にとって、そのバンドは哲学と言っても差し支えなかった。 ピアノとギター、電子音やドラムの音。そして透き通るようなボーカルによって構成された音、あまりにもストレートすぎる歌詞。それらによって構成された彼らの音楽は、良い意味で「幼稚」だった。…